フラダンス「日本一」受賞報告 あさか開成高が郡山市長に

 
成績を報告し喜びを新たにした生徒ら

 高校生のフラダンス日本一を決める全国高校フラ競技大会「第9回フラガールズ甲子園」で総合1位の最優秀賞(文部科学大臣賞)に輝いたあさか開成高フラ・タヒチアンダンス同好会の生徒たちは8月30日、郡山市役所に品川萬里市長を訪ね、受賞を報告した。

 生徒26人が訪問。リーダーの生徒(3年)は、前回総合2位だった悔しさをバネに技術を磨いてきたとし「総合1位を目標に練習に励み、大会では成果を十分に発揮することができた。支えてくれた人たちに恩返しができ、うれしい気持ちでいっぱい」と喜びを語った。品川市長は「フラダンスの素晴らしさや文化を伝えてほしい」とたたえた。保護者会の熊田淳子会長らが同行した。

 大会は、いわき市で同18日に開かれ、全国から過去最多となる26校が出場。同校の最優秀賞受賞は初めて。