楽都・郡山に新女声合唱団 「はづきの風」、指導者に菅野正美さん

 
菅野さんの指導で練習するメンバーたち

 全日本合唱連盟副理事長で県合唱連盟理事長の菅野正美さんを指導者に迎えた女声合唱団「はづきの風」は1日までに、郡山市で発足した。発起人の山本恭子さんは「素晴らしい活躍をしている中高生が、生涯にわたって本格的に合唱を続けられるような場をつくりたい」と意気込む。

 合唱団は同市の40~70代の女性11人でスタート。指導には菅野さんのほか、ピアノ伴奏に林万里子さん、発声指導に早川圭子さんが当たる。夜間を含めて月6回程度の練習時間を設け、ライフスタイルに合わせた時間帯に練習に参加できるようにする予定。

 同市の星総合病院メグレズホールで行った結団式には、メンバーや指導者陣が参加。会長に山本さんを選任した。全員で「浜辺の歌」「花」「故郷」などの曲を練習した。

 練習に先立ち、菅野さんは「郡山市、福島県、日本を代表する合唱団とするよう、皆で力を合わせていきたい」とあいさつした。