「役柄」決まる!中高生や一般公募 会津まつり・会津藩公行列

 

 会津若松市で21~23日に繰り広げられる会津の秋の風物詩「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」(22日)では、当番校の中、高校生や一般公募者が参加し、祭りを盛り上げる。会津まつり協会は3日までに、参加者を発表した。

 今年の当番校は湊中と会津若松ザベリオ学園高。中、高校生の役柄は、湊中が若殿、菊姫、中臈(ちゅうろう)、腰元、会津若松ザベリオ学園高がおけいと中野竹子を務める。

 また、湊中が白虎隊、会津若松ザベリオ学園高が娘子(じょうし)隊などに扮(ふん)して練り歩く。一般公募者は照姫、山本八重などの役柄を務める。

 今年の行列は、会津で武家政権が始まった鎌倉時代から江戸幕末時代までの「歴代領主編」として編成される。当日は午前10時30分ごろ、鶴ケ城を出陣し、時代衣装姿の約500人が歴史絵巻を繰り広げる。