女性ガイド・江崎さん尾瀬案内 尾瀬サミット、檜枝岐で観察会

 
女性ガイドの江崎さん(右)から御池田代の説明を受けるサミット参加者

 「尾瀬サミット2019」最終日は4日、檜枝岐村に会場を移して自然観察会などを開催。当番県の花角英世新潟県知事をはじめ本県、群馬、新潟3県の関係者が御池田代、姫田代などを散策した。

 初日の会議で拡充の必要が指摘された女性ガイドによる女性入山者への案内に関して、ガイドの江崎花絵さんが現地で仕事ぶりを披露。トリカブトなど季節の花々の開花状況や、木道の補修など尾瀬を守る活動について分かりやすく紹介した。福島民友新聞社から小野広司執行役員編集局長が参加した。

 奥只見湖の新潟県魚沼市側から遊覧船で尾瀬に入るルートの視察も行われた。サミットは尾瀬保護財団の主催で、来年は群馬県で開かれる。