室屋義秀は予選5位 「レッドブル・エアレース最終戦」千葉大会

 
エアレース最終戦の予選を飛ぶ室屋義秀=7日午後4時11分、千葉市・幕張海浜公園

 レース専用飛行機の国際大会「レッドブル・エアレース」の今季最終戦となる第4戦千葉大会が7日、千葉市の幕張海浜公園で開幕した。第3戦を終え総合3位の室屋義秀(46)=福島市=は予選で57秒570をマークし、5位につけた。室屋は8日の決勝ラウンド1回戦で総合4位のベン・マーフィー(44)=英国=と対戦する。

 総合1位のマルティン・ソンカ(41)=チェコ=は56秒879で予選2位となり、2ポイントを加えて67ポイントに伸ばした。室屋は予選でポイントを獲得できず、55ポイントと12ポイント差を追い掛ける。予選1位は56秒760で飛び総合6位に上がったフアン・ベラルデ(44)=スペイン。

 室屋が年間総合優勝を手にするには、千葉大会を制した上でソンカが6位以下、総合2位のマット・ホール(47)=豪州=が4位以下になることなどが条件となる。2017年シーズン年間総合王者の室屋は「(今季の)総合優勝に向けてまだまだチャンスがあるので頑張りたい」と意気込みを語った。

 ◆決勝R 台風で午前10時開始

 台風15号の関東地方への接近に伴い、決勝ラウンドは予定より約4時間早い午前10時に始まる。気象庁によると、台風15号の影響で関東地方は昼前から雨が降る見込み。天候悪化が早まり決勝ラウンドが実施できなくなった場合は予選の順位が反映される見通しだ。室屋は「レースできることを祈っている」と語った。

 レッドブル・エアレースは千葉大会を最後に終了する。今季は全8戦が全4戦に縮小され、室屋は開幕戦のアブダビ大会(アラブ首長国連邦)と第2戦カザン大会(ロシア)で連勝したが、第3戦バラトン湖大会(ハンガリー)は12位に終わった。