EXILEメンバーらと湊中生ダンス披露 ラグビーW杯壮行試合

 
ダンスを披露する生徒ら

 ラグビーワールドカップ日本大会の会場の一つ、熊谷ラグビー場(埼玉県)で6日に行われた、日本代表壮行試合・南アフリカ代表戦のオープニングイベントで、会津若松市の湊中の生徒24人がEXILEのメンバーらとダンスを披露し、元気いっぱいのパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 同校は、復興支援を目的に企画され、2012(平成24)年にスタートした「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業 中学生Rising Sun Project」に5年前から取り組んでいる。

 会場で生徒らは、EXILEのUSAさんや、TETSUYAさんらと、EXILEの復興支援ソング「Rising Sun」に乗せてダンスを披露。地元団体や釜石東中(岩手県)の3年生も加わり、総勢約100人が圧巻のダンスを繰り広げた。参加した生徒(1年)は「言葉にならないくらい、胸がいっぱいになった」と感激の表情を浮かべた。