笑顔の再会、踊りの輪 大熊で「なつ祭り」、住民ら楽しむ

 
やぐらを囲み踊りの輪を広げる来場者=大熊町役場前広場

 大熊町役場前広場で7日、交流イベント「おかえり!なつ祭りinおおくま」が開かれた。住民や町内で働く人たちが、原発事故による避難指示が帰還困難区域を除いて解除された町内で踊りの輪を広げた。

 住民有志でつくる、おおくまコミュニティづくり実行委の主催。来場者がバーベキューや大熊産のイチゴを使った限定のかき氷などを味わい、地元出身のミュージシャンによるステージ演奏を楽しんだ。

 会場には同町大川原地区で使用されていたやぐらが組まれ、参加者が盆踊りを楽しんだ。参加した女性(67)は「8年ぶりに会う人もいて楽しかった。大熊を盛り上げるため来年も開催してほしい」と話した。