「DA PUMP」など出演 熱狂ライブ!白河でロックコープス

 
大ヒット曲「U.S.A.」を披露し、会場を盛り上げたDA PUMP=7日午後、白河市・白河文化交流館コミネス

 音楽の力で社会貢献を進めるプロジェクト「ロックコープス」を締めくくるライブイベント「セレブレーション」が7日、白河市の白河文化交流館コミネスで開かれた。ダンス・ボーカルグループ「DA PUMP」など国内アーティスト4組によるステージに観客が熱狂した。

 日本開催は今年で6年目で、今回は「ホームカミング(帰郷)」がテーマ。2014(平成26)年に東日本大震災からの復興支援を目的として日本初の開催地となった福島県で、3年ぶり4度目の開催となった。

 ライブにはDA PUMPをはじめ、会津若松市出身の歌手山猿さん、福島市出身のDJ NANASHIMAさん、シンガー・ソングライターのericaさんが出演、会場が音楽と奉仕の心で一体となった。

 被災地を中心とする県内外で21種類のボランティアが行われ、ライブには約千人が来場した。福島市から訪れた男性(47)は同市でモモの箱詰め作業のボランティアに参加。「山猿さんの大切な人に向けて歌った曲に感動した」と振り返り、「音楽と組み合わせることでボランティアの可能生が広がるいいイベント」と話した。

 ライブに先立ち、開催地を代表して内堀雅雄知事が登壇し「おかえりロックコープス!」と声を上げ、「ボランティアに参加した皆さんの温かい思いや多くの方の支援に感謝したい」と感謝の言葉を述べた。内堀知事と同市でボランティアに参加した高橋依愛さん(17)と二階堂さくらさん(17)もステージに上がり、ボランティア活動を振り返った。

 ロックコープス実行委の主催、日本たばこ産業(JT)の特別協賛。ロックコープスは4時間のボランティア活動でライブのチケットを得ることができる仕組み。アーティストもボランティアに参加する。