災害から身を守ろう! 伊達で「防災戦隊ボウサイザー」が教室

 

 JA共済オリジナルの戦隊ヒーロー「防災戦隊ボウサイザー」が5日、伊達市の保原幼稚園を訪れ、園児に災害発生時の注意点を伝えた。

 JAふくしま未来とJA共済連県本部が防災教室として開催。園児は災害が起きた時の注意事項が歌詞になっている歌に合わせ、ボウサイザーと一緒にダンスを踊るなどした。災害を起こす悪役が現れると、園児は悲鳴を上げ、中には泣いてしまう子どもも。災害の怖さを体感し、悪役と戦うボウサイザーに大きな声援を送っていた。