川俣町と立命館が連携協定 健康や食、産業振興など幅広く協力

 
協定書を取り交わす佐藤町長と仲谷総長(右)

 川俣町と学校法人立命館は7日、連携協力協定を結んだ。健康や食、文化、産業振興など幅広い分野で協力する。「福島イノベーションビレッジ構想」の推進も目的の一つ。立命館は小、中学校と高校も運営しており、町の子どもたちとの交流も検討している。

 町役場での締結式で佐藤金正町長と仲谷善雄総長が協定書を取り交わした。佐藤町長は「町の課題解決に向けて一緒に歩めることを喜びたい」と述べ、仲谷総長は「復興だけではなく、未来を創造する一歩になる」と協定の意義を語った。