普通列車・運転士が線路に倒れている男性発見 只見線の駅構内

 

 8日午後2時35分ごろ、柳津町のJR只見線滝谷駅構内で、停車中の下り普通列車の運転士が、線路に倒れている男性(71)を発見し、119番通報した。男性は頭を打っており、軽傷とみられる。

 JR東日本と会津若松地方消防本部によると、男性は線路内に立ち入り、歩いていて転倒したとみられる。列車との接触はなかった。この影響で、下り1本が58分遅れた。