いわき・好間7地区に「避難指示」 好間川が氾濫危険水位超え

 

 いわき市は9日正午ごろ、市内を流れる好間川が氾濫危険水位を超えたため、同市好間町の7地区に対し「直ちに避難するように」とする警戒レベル4の避難指示を発令した。

 対象は2506世帯5596人で、市は好間公民館と好間一小に避難所を開設。市によると、避難者数は最大で54世帯77人。同公民館に避難した男性(78)は「堤防が崩れるんじゃないかと心配だった」と話した。楢葉町は9日午前7時15分、同町の高台にある保健福祉会館内に避難所を設置し、住民3人が身を寄せた。80代女性は「被害はないが、万が一に備えて避難した。(保健福祉会館は)震災直後に避難した場所の一つで安心できる」と話した。