初任科生...身だしなみ『好感』 福島県警察学校でメーク術など

 
好感が持たれる身だしなみを学ぶ初任科生

 県警察学校は9日、福島市の同校で「身だしなみ教養」の授業を行い、4月に入学した初任科生が好感が持たれる身だしなみを学んだ。

 初任科生約120人が参加した。中合福島店、アサヒシューズ、資生堂ジャパンの社員らが講師を務めた。男子は靴の選び方や制服の手入れ方法、女子は清潔感のある化粧の仕方について講義を受けた。

 化粧講座では、講師が「濃いメークにならず、肌がきれいに見えるメーク術を学んでほしい」と説明。この後、初任科生たちが化粧水や下地の塗り方などメークの基本を学んだ。