大麻所持疑いでカナダ国籍女逮捕 外国語指導で小、中学校勤務

 

 会津若松署は10日午前8時50分ごろ、大麻取締法違反(所持)の疑いでカナダ国籍、会津若松市、外国語指導助手(ALT)、容疑者女(49)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、自宅に大麻を隠し持っていた疑い。同署によると、容疑者は「使うために持っていた」と話しているという。同署は入手経路などを調べている。

 市教委によると、容疑者は派遣会社を通して市に派遣され、市内の五つの小、中学校で2018(平成30)年8月から勤務していた。逮捕を受け、市教委の学校教育課長は「重く受け止めている。子どもたちに不安や動揺がないようにしたい」と話した。