大志の松...「見守ってくれてありがとう」 草野小校庭でお別れ会

 
草野小校庭で開かれた「大志の松」お別れ会

 台風15号の影響で推定樹齢400年のマツの大木「大志の松」が倒れたいわき市の草野小は10日、同校校庭でお別れ会を開いた。同校によると、大志の松は高さ約20メートル、幹回り約3.25メートルの大木。「大志の松讃歌」という楽曲もあり、児童らが運動会の鼓笛演奏で披露するなど、同校の象徴として児童や地域住民に親しまれてきた。

 式には、児童や草野中の生徒ら約650人が出席した。代表で6年の相田琉維(るい)君(12)と、同中3年の小河原優斗さん(14)の掛け声に合わせ、子どもたちが「見守ってくれてありがとう」と大きな声で感謝を伝えた。大志の松は解体し撤去される。