福島・高湯温泉に「大型宿泊施設」建設へ 22年春オープン予定

 

 全国でホテル事業を展開する共立メンテナンス(東京都)は、福島市の高湯温泉にリゾート型の宿泊施設を建設する。10月に着工し、2022年春のオープンを予定している。

 建設場所は「吾妻高原ゴルフクラブ」跡地の一部で、客室は60室規模。高湯温泉観光協会によると、高湯温泉に大型の宿泊施設が建設されるのは約50年ぶりという。

 同社は06年にゴルフ場跡地約23万5000平方メートルのうち、約12万6000平方メートルを取得し、ホテルを建設する計画を進めていた。同社はビジネスホテル「ドーミーイン」などを展開し、県内には郡山市のJR郡山駅前に「磐梯の湯ドーミーインEXPRESS郡山」がある。