「住みよい街」ランキング...郡山市が3位 北海道・東北エリア

 

 日経BP(東京都)は11日、全国の働く世代へのアンケート調査をまとめた「シティブランド・ランキング―住みよい街2019―」を発表した。郡山市がエリア別の北海道・東北エリアで3位に入り、総合ランキングで87位となった。同社によると、同市は公園の多さや地域での仕事の見つけやすさなどの項目が高評価だったという。

 調査は5月14日~6月23日に実施。「安心・安全」「快適な暮らし」「生活の利便性」「生活インフラ」「医療・介護」「子育て」「自治体の運営」「街の活力」の8分野で計38の評価項目を調査・集計した。項目ごとに5段階で尋ねてポイント合計を偏差値化し、順位付けした。全国の20~60代の2万2466人から回答を得た。

 ランキング対象は、回答者が合計20人以上となった全国341市区。本県では福島、いわき両市も対象に入ったが、北海道・東北エリアではトップ10に入らず、200位まで発表された総合ランキングからも漏れた。総合ランキング第1位は文京区(東京都)だった。