福島市長は慎重姿勢...「賛成しかねる」 伊達市への大型店出店

 

 伊達市への出店を目指している大型店「イオンモール北福島(仮称)」について、福島市の木幡浩市長は11日「市中心部や周辺各地域と共存できる施設内容でないものは賛成しかねる」とこれまで同様の理由で慎重な姿勢を示した。

 9月議会の一般質問で、県商業まちづくり推進条例の改定・施行に伴う質問に答えた。木幡市長は「人口規模に対して過大な大型店の進出は、各地の商業機能への影響、人出不足の中での従業員の引き剥がしなど広範な悪影響を及ぼす恐れもある」と述べた。