小泉環境相、内堀知事と会談 除染土壌再利用、地元理解が前提

 
多くの報道陣などに囲まれ、内堀知事と会談する小泉環境相(中央)=12日午後4時すぎ、県庁

 小泉進次郎環境相は12日、就任後初めて福島県を訪れ、県庁で内堀雅雄知事と会談した。小泉氏は環境省が見込む除染土壌の再利用を巡り、会談後の記者会見で「地元の方の理解なくして実現はない。あらゆる声に耳を傾ける」と述べ、慎重に検討を進める考えを示した。

 小泉氏は会談で、来週にも除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設を視察し、双葉郡の首長と面会する考えを示した。内堀知事は、中間貯蔵施設は県民が味わってきた苦渋の象徴だとして「(除染廃棄物の)30年以内の県外処分の約束を守ることで(国との)本物の信頼が生まれる」と強調。小泉氏は「苦渋と信頼の言葉を忘れず、約束を守れるよう全力を尽くす」と応じた。

 小泉氏は記者会見で、会談前にいわき市で漁協関係者と懇談したことも明らかにした。原田義昭前環境相が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出するしかないと発言したことを受け、「率直に『申し訳ない』と謝罪した。前大臣の発言だが、後任の私がしっかり向き合うことも必要だと考えた」と説明した。

 会談には菅家一郎環境政務官(衆院福島4区)が同席した。