心躍る華麗なショー!ポップサーカス郡山公演 初日から大勢の観客

 
空中ブランコで華麗に宙を舞うパフォーマー=14日午後、郡山市・ショッピングモールフェスタ大テント

 福島民友新聞創刊125周年記念事業「ポップサーカス郡山公演」は14日、郡山市日和田町のショッピングモールフェスタ大テントで開幕した。初日から大勢の観客が訪れ、息をのむようなアクロバティックな演技を楽しんだ。

 同市では4年ぶりの公演。五阿弥宏安福島民友新聞社社長と、福島民友販売店でつくる福島民友会の小山田斌(たけし)会長が開幕を宣言すると、世界各国から集ったパフォーマーたちが一堂に登場し、華やかにオープニングを彩った。

 ステージでは、パフォーマーが華麗に宙を舞う空中ブランコや、回転する巨大な輪の中でスリリングな動きをする「デスホイール」などが繰り広げられ、観衆から大きな歓声と拍手が湧き起こった。

 公演は11月10日まで。毎週木曜日と18日、10月23日は休演。問い合わせは公演事務局(電話024・983・5190)へ。