国道115号で乗用車同士「正面衝突」 男女2人死亡、男性重傷

 

 15日午後0時40分ごろ、猪苗代町の国道115号で、茨城県常陸太田市、男性(75)の乗用車と、二本松市、地方公務員、男性(37)の乗用車が衝突した。75歳男性と、75歳男性の車に同乗していた茨城県笠間市、介護福祉士、女性(70)が死亡、37歳男性は腰の骨を折るなどの重傷。

 猪苗代署によると、75歳男性の車と37歳男性の車が正面衝突したという。死因は75歳男性が多発性外傷、70歳女性が出血性ショックだった。