「昨日の自分より成長」 五輪卓球銀メダリスト、平野さん講演

 
中学生に卓球を指導する平野さん

 ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さんが15日、国見町観月台文化センターで講演した。平野さんは自身の経験に触れながら「少し頑張れば達成できる、身近な目標を立ててほしい」と強調。地元の中学生には卓球の技術を指導した。

 平野さんは5歳で卓球を始めてから、高校1年で初めて日本一を達成したことを振り返り、「同世代は有望な選手が多かった。人と自分を比べず、昨日の自分より少しでも成長することを大切にした」と語った。

 来年の東京五輪については「日本はどの種目もメダルを狙える。後輩たちを応援してほしい」と話した。現役時代には体の使い方や精神面を向上させるため、古武術家やマージャン士にも助言を求めたことなど、裏話も披露した。講演後には県北中卓球部の生徒にフォームや球の回転のかけ方などを指導した。講演会は町が東京五輪の機運を高めようと開催した。