温泉むすめ「飯坂真尋」切手発売 飯坂温泉の魅力発信

 
「飯坂真尋」のオリジナルフレーム切手

 温泉地の魅力を発信するキャラクター「温泉むすめ」で、飯坂温泉をイメージした「飯坂真尋」のオリジナルフレーム切手は13日、福島市の全45郵便局で発売された。

 日本郵便が温泉むすめを題材に切手を発行するのは全国で初めて。

 切手には、飯坂真尋が旅館の若旦那三味線ユニットの演奏で「飯坂小唄」を歌う姿や、モモ狩りを楽しんだり円盤餃子(ギョーザ)を紹介したりする様子など、書き下ろしのイラストがデザインされた。千シートの限定販売で、1シート(82円切手×10枚)1700円(税込み)。

 同日、同市飯坂町の飯坂郵便局で販売開始セレモニーが行われた。佐藤伸次局長が「飯坂温泉に一人でも多く足を運んでほしい」、畠隆章飯坂温泉観光協会長が「飯坂真尋ちゃんの知名度も一気に上がる」とあいさつ。

 日本郵便東北支社地方創生担当の浅野不二男専門役、高橋広幸庭坂郵便局長、畠正樹飯坂真尋ちゃんプロジェクト実行委員長と共にテープカットした。購入者先着20人に飯坂真尋のオリジナル缶バッジがプレゼントされた。

 切手は各郵便局のほか、飯坂温泉観光協会、吉川屋、なかや旅館、寿楽園茶舗、湯らっとさばこちゃん、土産屋でも購入できる。

 問い合わせは飯坂郵便局(電話024・542・4852)へ。