拳銃所持疑いで組長ら逮捕 拳銃2丁など墓の納骨スペース隠す

 

 須賀川署は18日午前、銃刀法違反の疑いで郡山市、暴力団組長、男(68)、同市、暴力団幹部、男(48)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は4月中旬ごろ、須賀川市の墓地で拳銃2丁と適合する実包を保管、所持した疑い。両容疑者は「知らない」などと容疑を否認しているという。

 同署によると、拳銃と実包は墓の納骨スペースに隠してあったという。同署は入手経路などを調べている。