「五輪にふさわしい舞台」 橋本聖子五輪相、福島・あづま球場視察

 
県の担当者から球場の改修状況について説明を受ける橋本五輪相(左

 橋本聖子五輪相は19日、就任後初の来県で2020年東京五輪の野球、ソフトボール競技会場となる福島市のあづま球場を視察し、記者団に「復興五輪にふさわしく、開幕前の最初の競技を発信する舞台をつくってもらえた」と語った。

 あづま球場は改修工事がほぼ完了し、プロ野球イースタン・リーグの楽天―日本ハム戦が28日に改修後初の試合として行われる。

 橋本氏は人工芝が全面に敷設されたグラウンドやロッカールームなどを見て回ったほか、県の担当者からエレベーターの新設や車いす利用者向け観客席の増設など球場全体の改修状況について説明を受けた。

 視察に先立ち、橋本氏は県庁で内堀雅雄知事と会談し「復興五輪を世界に発信し、福島の子どもが誇りを持って歩んでいけるようサポートしたい」と強調。内堀知事が県産農林水産物の活用など大会を契機とした本県の負のイメージ払拭(ふっしょく)に向けて協力を求めた。