小惑星探査機「はやぶさ」登場! こむこむ、実物大の模型展示

 
こむこむにお目見えした小惑星探査機=福島市

 小惑星探査機「はやぶさ」「はやぶさ2」の実物大の模型の展示が21日、福島市のこむこむで2日間の日程で始まり、訪れた人たちが宇宙のロマンに思いをはせている。

 NPO法人ギガスター(愛知県)から借りて展示。段ボールなどでできているが、重さははやぶさが80キロ、はやぶさ2は150キロにもなるという。

 本物のはやぶさ2は小惑星りゅうぐうでの任務に当たっており、来年末にも地球に帰還する予定だ。模型を眺めていた同市の渡利小1年の男子児童(6)は「大きくてかっこいい。自分もいつか火星や土星に行ってみたい」と話した。