コンビニ強盗、男が逃走 二本松、刃物突き付け現金奪う

 
事件現場の地図

 22日午前4時15分ごろ、二本松市のセブン―イレブン二本松上竹店の男性店員から「男が店に押し入り、強盗被害に遭った」と二本松署に通報があった。男は男性店員を刃物で脅し、レジ内の現金数万円を奪って逃走。同署は強盗事件とみて、男の行方を追っている。

 同署によると、男は1人で入店してすぐに男性店員に刃物を突き付け、「金を出せ」などと脅し、男性店員がレジから取り出した現金を奪った。

 当時、店内には男性店員2人がいたが、いずれもけがはなかった。捜査関係者によると、男は走って店の外へ出て、市役所方面へ逃げ去ったとみられる。

 同署によると、男は身長170~180センチぐらいで、体格は中肉。服装は上下とも黒っぽい服を着ており、灰色でつばのない帽子を目深にかぶり、口をマスクのようなもので覆っていたという。

 現場は二本松市役所から東へ約1.5キロ離れた住宅地の一角。