会津藩士・山本覚馬の建白書...防衛省内に 新政府提出を裏付け

 

 大河ドラマ「八重の桜」の主人公、山本(新島)八重の兄で会津藩士の山本覚馬(かくま)が日本の将来を見据えて作成した建白書「管見(かんけん)」が記された文献が、東京都の防衛省防衛研究所で保管されていたことが23日までに分かった。管見は新政府、または薩摩藩に提出されたとの通説だったが、直接的に裏付ける資料が見つかっていなかった。研究者は「政府の中枢まで、覚馬の意見が届いていたことが確かめられる貴重な資料」と話している。

 管見は1868(慶応4)年の鳥羽伏見の戦いの後、目を患っていた覚馬が幽閉されていた薩摩藩邸で、口述筆記させたとされる建白書。三権分立、代議員制、女子教育の充実など近代国家のあるべき姿を先取りした。覚馬を研究する同志社社史資料センター(京都市)の小枝弘和社史資料調査員は「日本の近代化に向けた意見を、有名な坂本龍馬の船中八策よりも具体的にまとめている」と評価する。小枝調査員によると、管見には徴兵制など兵役に関する提言もあり、「防衛研究所に保存されていたことは驚きだが、違和感はない」と語る。

 同研究所で管見を見つけたのは、幕末史家の伊藤哲也さん(50)=さいたま市。今年1月、白虎隊士に関連する資料を探していた伊藤さんが、「諸建白記」と表紙に書かれた冊子の中から偶然見つけた。「諸建白記」には1868年3月から9月までに政府に寄せられた軍務関係の提言書がそのままとじ込まれており、管見はほかの人物が提出した文書と一緒にまとめられていた。伊藤さんは「管見は政府関係者と覚馬との接点をつくり、その後の活躍の原点となる文書。これがきっかけとなり、覚馬の業績にさらに光が当たってほしい」と話す。

 研究者も熱いまなざしを送る。「新島八重 愛と闘いの生涯」の著者、吉海直人同志社女子大特別任用教授は「見つかった文献が防衛研究所に収められるまでの経緯が解明されてほしい。写本との比較研究が進むことで、管見の正しい内容が明確になる」と期待する。