郡山のIT企業・菅家社長を選出 優れた起業家・東北代表候補

 

 優れた起業家を表彰する「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2019ジャパン」の東北地区代表候補に、ウェブシステムやスマホアプリを開発するIT企業プレイノベーション(郡山市)の菅家元志社長(32)が選ばれた。選出されたのは5社6人で、10月9日に仙台市で開かれる東北地区大会でグランプリが決まる。

 東北をはじめ全国8地区の代表は11月に東京都で開かれる日本大会に臨む。税理士法人や監査法人などで構成するEYジャパンの主催。

 菅家社長は福島民友新聞社の取材に「代表候補に選んでいただき光栄。小さな会社なので、実績よりも期待を込めて選んでもらえたと思う。さまざまな事業者のIT活用を支援し、地域の課題を解決するとともに、自社の成長にもつなげていきたい」と話した。

 福島県関係では、2009(平成21)年に東北地区大会グランプリに選出された東洋システム(いわき市)の庄司秀樹社長が日本代表に選ばれ、世界大会にノミネートされた。