「白虎隊士」しのぶ剣舞 会津若松・飯盛山で墓前秋季祭典

 
白虎隊士の墓前で剣舞を奉納する会津高剣舞委員会の生徒

 旧会津藩士戊辰戦争殉難者の慰霊や各墳墓史跡の維持保存を続けている会津弔霊義会は24日、白虎隊19士が眠る会津若松市の飯盛山で白虎隊士墓前秋季祭典を行い、戊辰戦争で自刃した隊士をしのんだ。

 関係者ら約100人が参列。芳賀公平理事長が「会津藩の精神は不変。会津藩士の歴史的役割や精神的遺産を後世に継承していきたい」と祭文を読み上げた。参列者が次々に玉串をささげ、会津吟詠会による吟奉納も行われた。

 剣舞奉納では、会津高剣舞委員会が吟者の大関祐一郎さん(2年)の詩吟に合わせて勇壮な剣舞を披露。飯盛山に墓がある隊士と同じ数の19人の男子生徒が隊士の心と姿を剣舞で再現した。剣舞委員会の松本安津士(あつし)副委員長(2年)は「令和初の剣舞ということで新たな気持ちになれた。一つ一つの動作の強弱を意識した」と話した。