新地工区全長3.5キロ開通 県道相馬亘理線、津波被災の復興支援

 
県道相馬亘理線の新地工区

 東日本大震災の津波被害を受け、県が整備を進めてきた県道相馬亘理線の新地工区(新地町)の延長1.1キロが26日、開通する。これまで整備が終わった区間を合わせて同工区全長3.5キロの利用が可能となる。県が25日に発表した。

 新地工区北側の宮城県側の区間0.8キロも合わせて開通する。新地工区南の大戸浜工区(全長約1.7キロ)は2020年度を開通目標としており、同工区の使用が開始されされれば、相馬亘理線の県内道路は全線開通となる。

 同路線は県の「ふくしままちづくりプラン(復興計画対応版)における『津波被災地域における復興まちづくりを支援する道路』」として、12(平成24)年から改良工事が進められている。