町づくりへ三者協定 楢葉町、Jヴィレッジ、町スポーツ協会

 
協定を結んだ(左から)上田副社長、松本町長、渡辺代表理事

 楢葉町は25日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)、町スポーツ協会とスポーツによるまちづくりと地域活性化に関する三者協定を結んだ。

 協定では、幅広い世代が参加できるウオーキングサッカーやブラインドサッカー、フットサルを重点種目に設定。Jヴィレッジや同町の屋内体育施設「ならはスカイアリーナ」へ合宿や大会の誘致を進める。短期滞在型の保健指導やスポーツを通した町民の健康づくりに向けた取り組みも行う。

 締結式は町役場で行われ、松本幸英町長、Jヴィレッジの上田栄治副社長、同協会の渡辺清代表理事が協定書を交わした。松本町長は「スポーツには人を元気にする力がある。スポーツ振興と健康増進に取り組む」とあいさつした。