「オートキャンプ世界大会」28日開幕 天栄に集結、交流へ

 
会場施設を確認するテイラー副会長、明瀬会長、松崎委員長(左から)

 第89回オートキャンプ世界大会が28日、福島県天栄村の羽鳥湖高原で開幕する。10月6日までの9日間、世界中からオートキャンパーが集い、国や言語、民族の違いを超えて交流する。

 期間中はパーティーやトレッキングなどのほか、会津若松市の鶴ケ城などの観光や福島市でのフルーツ狩りといった県内各地への小旅行も行い、本県の魅力を発信する。

 大会のメイン会場は羽鳥湖高原交流促進センター、エンゼルフォレスト那須白河、羽鳥湖畔オートキャンプ場。28日は午後2時からオープニングパレード、開会式などを行う。29日はてんえい商工祭とダンシングナイト、10月1日には全国一斉清酒で乾杯パーティーも同時開催する。

 国際キャンピング・キャラバニング・オートキャラバニング連盟(FICC)などでつくる実行委の主催。開幕を前に26日、ノーマン・テイラーFICC副会長、明瀬一裕日本オートキャンプ協会長、松崎淳一実行委員長らが会場を視察した。