高橋さん・下重さん組が2位 オランダポーク料理コンテスト

 
高橋さん・下重さんペアによる料理

 洋食のシェフでつくる全日本司厨士協会は26日、郡山市の郡山ビューホテルアネックスで「日蘭友好オランダポーク料理コンテスト」を開いた。福島県関係では高橋翔太郎さん・下重愛香さんペア(スパリゾートハワイアンズ)が総合2位に輝いた。

 世界有数の農産物輸出大国であるオランダの豚肉について多くの人に知ってもらおうと開いており、今年で6回目。本県では初開催となった。

 東北と関東のレストランやホテルなどで活躍する35歳以下のシェフ10組20人が出場。オランダポークと本県産の食材を使った料理3品を作り、その腕を競った。

 高橋さん・下重さんペアは「福島を詰めたテリーヌとサーモンのタルタル」「豚ロース肉のジャガイモ包みと豚フィレ肉のロースト」「和梨のブランマンジェとオレンジ風味のガトーショコラ」の3品を作り、高い評価を得た。

 本県関係ではこのほか、同協会県本部会長賞に鈴木篤史さん・吉田涼さんペア(マルベリー・マンママリー)、敢闘賞に斎藤光さん・石井雅大さんペア(日本調理技術専門学校)が選ばれた。