商都・郡山で「山車」競演! 安積国造神社例大祭・山車まつり

 
中心市街地を威勢良く練り歩く山車=28日、郡山市

 安積国造神社の秋季例大祭本祭りは28日、郡山市の駅前大通りなどでメイン行事の山車まつりが行われ、ちょうちんを飾った山車が威勢良く練り歩いた。同神社と八幡ばやし保存会の主催、福島民友新聞社の共催、郡山商工会議所などの後援。

 山車まつりは江戸時代中期の1738(元文3)年に始まったとされる。大通りに集結した各町会の山車18台には子どもたちが乗り込み、太鼓や笛でおはやしを演奏。山車は市街地を練り歩き、商都を熱気で包み込んだ。今年は新元号を記念し、日本舞踊の花柳社中による八幡ばやし音頭も披露された。

 開会式では、八幡ばやし保存会の遠藤喜志雄会長や福島民友新聞社の菊池克彦取締役郡山総支社長らが鏡開きした。福島民友新聞社は恒例の祝い酒を振る舞った。29日は後祭りとして神輿還御(みこしかんぎょ)などが行われる。