サンマつかみ取り人気 福島で「おさかなフェスティバル」

 
サンマのつかみ取りに挑戦する子ども

 県産水産物のおいしさや安全性を発信する「ふくしまおさかなフェスティバル」は29日、福島市公設地方卸売市場で開かれ、訪れた大勢の家族連れが福島の魚の魅力に触れた。

 漁業関係団体や県などでつくる実行委員会の主催。サンマのつかみ取りが人気を集めたほか、描いたイラストがスクリーンの中で泳ぐ「バーチャル水族館」など子どもが楽しめるコーナーが多く設けられた。桜の聖母短大生が考案した魚料理の振る舞いもあった。

 サンマのつかみ取りに挑戦した福島市の鎌田小1年の児童(7)は「つるつる滑った。サンマは大好き」と話していた。

 ふくしまおさかなフェスティバルは県内4会場で開催する。10月5日に相馬市、同27日に会津若松市、12月1日にいわき市で開かれる。問い合わせは県水産課(電話024・521・7378)へ。