原発事故と演劇語る 谷賢一さん、平田オリザさん、柳美里さん

 
対談する(左から)柳さん、平田さん、谷さんら

 原発と歩んだ浜通りの50年をまとめた演劇作品「福島3部作」を手掛けた作家谷賢一さんと、劇作家平田オリザさん、作家柳美里さんを招いたトークイベント「震災後の演劇と福島」は29日、福島県いわき市のアリオスで開かれた。

 福島3部作の関連企画としてアリオスが主催し、本県に関わりを持つ3人が演劇や本県への思いなどを語った。

 谷さんは公演を終えた福島3部作について「小さい頃に住んでいた福島と関われて良かった」と振り返り「世界中でも震災、原発事故のような悲劇を体験した地域はない。自分以外の作家や作家志望者でも、福島の問題を描く人が増えれば」と語った。

 平田さんも「今、福島の人が原発を題材にした作品を作らないと、100年後の人たちにばかにされしまう」と強調。作品として人々の思いを残すことが重要とし「福島の人が何に悲しみ、喜んだか残すべきだ」と訴えた。

 また、対談の中で平田さんが兵庫県豊岡市に移住したことも話題となり、柳さんは「自分の生活の中心は南相馬。東京は地方という視点で小説を書いたりしている」と説明。「東京以外にも演劇の中心地ができればいいと思う」と語った上で「来年7月ごろに浜通りで芸術祭を企画している。福島を見てもらうことが一番大事」と思いを吐露した。