さかなクン、水環境の大切さなど語る 南相馬でフォーラム

 
おなじみの口調で水環境の大切さなどを訴えたさかなクン

 「快適生活 下水道フォーラム2019」は29日、福島県南相馬市小高区の浮舟文化会館で開かれた。タレントで東京海洋大名誉博士のさかなクンが講演し、水環境の大切さや下水道の役割などを、おなじみの口調で説明した。

 県下水道公社の主催。下水道から小高区の復興をPRしようと開催した。さかなクンは「ギョギョッとびっくり!水環境とおさかな大発見!」と題して講演。得意のイラストを描いてサケの生態などを紹介し、ユーモアたっぷりに魚に関する知識を披露した。

 このほか同市で復興を担う人材育成に取り組んでいる、あすびと福島の沖沢真理子センターハウス長が、マンホールアートと地域の魅力発信を掛け合わせた活動を発表した。