オートバイ爆音、激戦の耐久レース、二本松・エビスサーキット

 
激しいレースを繰り広げる選手たち

 オートバイの「LOVE&PEACEオープン3時間耐久レース」は30日までに、二本松市のエビスサーキット東コースで行われ、出場チームがスピードやチームワークを競った。

 エビスサーキットの主催、東北サファリパークの後援、福島民友新聞社などの協賛。500cc以下のF4T2クラスに12チーム、90分耐久には2クラス合わせて5チームが出場した。

 爆音を響かせながら、激しいレースを繰り広げる選手たちに歓声が飛んだ。