夜ノ森駅周辺...避難指示「先行解除」 常磐線・全線再開通向け

 

 来年3月までに予定されるJR常磐線の全線再開通に向け、富岡町の帰還困難区域のうち夜ノ森駅東側の町道と県道合わせて約1.1キロの避難指示が先行解除される見通しとなった。政府の原子力災害現地対策本部が1日、町議会全員協議会で解除案を説明した。

 先行解除の範囲は、町が5月にまとめた案と同じで同本部は除染の進捗(しんちょく)などを踏まえ「避難指示を解除できる環境が整っている」と判断した。駅周辺に防犯カメラや警察官の立ち寄り所を設置する方向で調整するなど防犯対策を講じる。

 同本部と町は12日から県内外4カ所で町政懇談会を開き、範囲について住民から意見を聞いた上で解除時期を決める。参加は事前申し込み不要。