「キョウワグループHD」設立 持ち株会社化、情報を共有

 

 総合財産管理業のキョウワグループ(福島市)は1日、持ち株会社「キョウワグループホールディングス(HD)」を設立した。キョウワプロテックとキョウワセキュリオンの株式を同HDに移転した上で、両社は事業会社として営業を継続する。

 資本関係の整理、グループの一体化や株式上場に向けた経営管理体制の構築が目的。資本金は2億円。全国に82事業所を置き、従業員数は7288人となる。

 同HDの社長には、吾妻学キョウワプロテック社長が就いた。吾妻社長らは1日、設立あいさつのため福島民友新聞社を訪れ「HDとして再統一することで情報の共有化、経営の迅速化を図る。2、3年後の上場を目指したい」と話した。吾妻拓副社長、国嶋弘専務、加藤験常勤監査役、斎藤浩二経営企画チームリーダー、尾形克彦税務・経理顧問が同行した。