「tette」「igoku」が特別賞候補 グッドデザイン賞

 
須賀川市民交流センターtette

 日本デザイン振興会は2日、本年度のグッドデザイン賞の受賞結果を発表した。過去最多の1420件が受賞し、うち本県関係では8件が選ばれた。この中でグッドデザイン大賞など特別賞の候補となる「グッドデザイン・ベスト100」に、須賀川市民交流センターtette(てって)、いわきの地域包括ケアigoku(いごく)が選ばれた。

 本年度は国内外から4772件の応募があった。31日に特別賞が発表される。

 igokuと、地域ブランディング「郷―institute」は活動に対しての受賞。

 本県関係の他の受賞商品、活動次の通り。

 太鼓「和紙が応援太鼓」(郡山市・アサヒ研創)▽お燗器「IKKONお燗器」(西郷村・大堀相馬焼松永窯など)▽そば用木鉢「富士型こね鉢寄木造り 木地呂漆仕上」(会津若松市・中村豊蔵商店)▽小規模多機能施設「小高パイオニアヴィレッジ」(南相馬市・パイオニズム)▽食品「元祖ラヂウム玉子」(福島市・阿部留商店、郡山市・ヘルベチカデザイン)▽地域ブランディング「郷―institute」(西会津町・BOOTなど)