「菊むすめ」笑顔で会場デビュー 二本松の菊人形

 
来場者を笑顔で出迎えた菊むすめ

 二本松市の県立霞ケ城公園で1日開幕した「二本松の菊人形」では、日本最大級の菊の祭典を楽しもうと初日から多くの観光客らが訪れた。11月17日まで。

 開場式では二本松菊栄会長の三保恵一市長、市観光大使の大山采子さんらがテープカット。ふくしま応援ポケモンのラッキーが登場し、開幕を盛り上げた。「菊むすめ」も会場デビューし、爽やかな笑顔で出迎えた。

 また洋菊のマムの魅力を伝えるフェスティバルも同時開催。東北サファリパークによる小動物と触れ合えるコーナーも設けられた。会場入り口には、木彫刻師の橋本和成さんがアートライブで制作した「蓬生」が展示された。