元モーグル日本代表・上村愛子さん体調管理語る 健康長寿フェス

 
厳しい選手生活を支えた体調管理術について話す上村さん

 元フリースタイルスキー・モーグル日本代表の上村愛子さんは9月29日、会津若松市で開かれた「ふくしま健康長寿フェスティバル2019in会津若松」のトークショーに登場し、長い選手生活を支えた体調管理について語った。

 上村さんは1998年の長野から5大会連続で冬季五輪に出場。厳しい練習を重ねた現役時代は「毎日が筋肉痛。食事、睡眠、ストレッチのどれか一つがおろそかになっても、1週間後のパフォーマンスに響いた」という。

 食事では、栄養士から助言を得ながら調理するようになり、栄養をうまく摂取する習慣を身に付けたという。引退後も、量を減らした上で選手生活と同じようなものを食べていると明かした。