入魂「針道のあばれ山車」 二本松で東和地域祭り、13日出陣

 
山車造りを進めている町若連

 400年余りの伝統を誇る二本松市東和地域の祭り「針道のあばれ山車」は13日午後1時30分から、同市針道の中心部で行われる。勇壮な人形を飾り付けた山車を激突させる荒々しさが目玉で、各若連が連夜、山車造りを進めている。

 祭りは地元の諏訪神社の例大祭で、凶作や疫病の流行を抑えるため、人形を飾り付けた山車を奉納したのが始まりとされる。町若連の山車は連獅子「赤頭」がテーマ。同若連総務の鴫原正樹さん(32)は「順調に山車造りが進んでいる。迫力ある祭りを見てほしい」と話している。問い合わせは東和観光協会へ。