「いいたて雪っ娘かぼちゃ」真心込めて収穫 イオンなどで販売へ

 
「いいたて雪っ娘かぼちゃ」を収穫する渡辺会長ら=3日午前、福島市松川町

 飯舘村の農業振興に取り組む有志でつくる「いいたて雪っ娘(こ)かぼちゃプロジェクト協議会」などは3日、福島市松川町で栽培している村特産カボチャの収穫を行った。12月中旬をめどに市内のイオングループ各店舗などで販売する。

 特産カボチャ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」は2011(平成23)年3月に登録されたオリジナル品種。雪のように白い皮が特徴で、ほっこりした食感という。復興支援の一環でイオンが3年前から販売している。

 6月に種をまいたカボチャは大きく成長。会員とイオンの従業員らが一つ一つ丁寧に収穫した。同協議会の渡辺とみ子会長は「心を込めてまいた種がようやく実った。(このカボチャを)より多くの人に知ってもらいたい」と話した。