毎年人気「松明あかしパン」販売 燃えさかる炎はイチゴジャム

 
松明をあしらった「松明あかしパン」

 11月9日に行われる須賀川市伝統の火祭り「松明(たいまつ)あかし」を盛り上げようと、同市のいちい須賀川東店は5日、松明をあしらった「松明あかしパン」の販売を始めた。価格は税抜き150円。

 販売は恒例となって毎年人気を集めており、行事とともに新たな秋の風物詩として定着してきた。パンは中にホイップクリームが詰め込まれ、燃えさかる炎をイチゴジャムで表現している。今月中旬ごろには中身にソーセージを使い、トマトソースで炎を表した新商品も仲間に加えたい考えだ。

 「心は既に松明のように燃え上がっている」とベーカリー担当の遠山千晴さん(41)。同店の秋は今年も"熱く"なりそうだ。