「駒止湿原」規制解除...4年ぶり山開き ハイカーら待望の紅葉

 
秋色に染まる駒止湿原

 南会津町と昭和村にまたがる国天然記念物「駒止湿原」の山開きは6日、2015(平成27)年の豪雨災害による入山規制の解除を受け、4年ぶりに行われた。地元関係者やハイカーが待ち焦がれた再開を喜び合った。

 式典では、星英雄南会津町教育長と安藤哲朗昭和村教育長が「湿原は地域の宝。シカの食害防止などに努めてきた関係者に敬意を表したい」などとそれぞれあいさつ。駒止湿原案内の会長の君島満三さんや南会津町の湿原を守る会長の室井英彦さんらとテープカットした。

 その後、駆け付けたハイカーたちが案内の会のガイドで湿原を探索し、紅葉などを楽しんだ。

 同湿原の山じまいは31日。来年は5月の第3日曜日に山開きを行う予定。