氏家エイミーさん、会津若松市観光大使に 日本酒のおいしさ発信

 
委嘱状と名刺を手に観光PRへの意欲を示す氏家さん

 シンガー・ソングライターで利き酒師の氏家エイミーさん(34)が、会津若松市観光大使に就任した。東京から「日本酒が縁」で同市に移住、現在は「歌酒(かしゅ)」を自称しながら活動を展開する氏家さんは「会津の日本酒のおいしさを全国に発信したい」と意気込む。

 観光大使は、同市の観光振興やイメージアップが任務。室井照平市長と新城猪之吉会津若松観光ビューロー理事長の連名で委嘱している。氏家さんは30人目。

 仙台市出身の氏家さんは高校卒業後、歌手を目指し上京した際に地酒専門店でアルバイトで働き、そこで日本酒にみせられた。東日本大震災後、福島県産日本酒の消費が落ち込んだことに心を痛め、「もっと売れてほしい」と願う心が会津との距離を縮めた。

 氏家さんは500人以上の会員がいる日本酒女子会の代表でもあり、自ら全国各地の酒蔵へと足を運び、造り手と交流してきた。会津の魅力を「日本酒に外れがない。空が近く、街並みもきれいで私にとっては楽園であり天国」と表現。東京発の会津日本酒バスツアーを企画するなど、会津の日本酒のPRに全力を注いでいる。

 委嘱状交付式は1日、市役所で行われ、室井市長が委嘱状、池田哲哉会津若松観光ビューロー専務理事が名刺などを氏家さんに手渡した。

 氏家さんがメンバーに加わる音楽ユニット「日本酒女子」の3枚目のシングル「日本酒音頭」も同日、配信が開始された。