「日本で最も美しい村」連合に昭和村が加盟 福島県内5番目

 

 昭和村は8日、農山漁村の景観や文化を守り地域の自立を目指す全国組織「日本で最も美しい村」連合の承認を受け、同連合に加盟したと発表した。

 村によると、福島県内では飯舘、北塩原、三島、大玉4町村に続き5番目の加盟。国指定伝統的工芸品のからむし織の文化や、カスミソウなど村の地域資源が評価された。今年1月に加盟申請していた。

 美しい村連合は2005(平成17)年10月に北海道美瑛町など全国7町村で発足した。人口1万人以下で、景観や環境、文化などの地域資源が二つ以上あり、資源を生かした地域活動が行われていることなどが加盟条件になっている。